天然歯と変わらない機能と見た目を取り戻す~インプラント治療~

人は虫歯や歯周病といった病気や事故などによって、自分の歯を失ってしまうことがあります。失った歯を補う治療法として、これまで一般的だったのがブリッジや入れ歯。しかし、これらの治療法には、周囲の健康な歯に負担がかかり、また、しっかり咬めないといったデメリットがありました。こういったデメリットが解消され、いま注目を浴びているのが、インプラントという新しい治療法です。

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、上部に人工歯を取りつける治療法です。インプラント治療によって、ご自分の歯で咬む感覚と、天然歯と変わらない見た目を取り戻すことができます。

安心・安全のインプラント治療のために

当院では、安全で確実なインプラント治療を実現するため、次のような取り組みを行っています。

その1 診断用ワックスアップ

上記の画像をクリックすると拡大表示されます。

インプラントがしっかり顎の骨に結合していたとしても、技工物がしっくりしたものでなければ、長い間無理なく快適に人工歯を使い続けることはできず、治療は失敗となってしまいます。当院では、専属の歯科技工士との連携や患者さんとの相談を密に行うのはもちろん、模型を用いてのシミュレーション「診断用ワックスアップ」を実施し、患者さんのご希望にかなった精巧な技工物製作にあたり、治療を成功へと導いています。

その2 厳密なシミュレーション&正確な埋入を可能にするガイドの活用

治療前には必要に応じてCT撮影(※)をし、血管や神経の位置、骨質・骨量などをしっかりと把握。さらに、取得したデータを「iCAT」というシステムに取り込み、埋入位置を総合的・三次元的にシミュレーションします。さまざまな状況を想定することで、治療によるリスクを小さくします。埋入にあたっては、患者さんのお口の状況に合わせて立体的に作成したサージカルガイドを活用し、正確で安全な手術を実現します。


  • iCAT

  • サージカルガイド

その3 必要以上に身体に負担をかけない安全な治療

三次元超音波振動によって歯や骨などの硬い組織を削る機械、ピエゾトームを導入しています。ドリルのような振動もなく、傷や出血を最小限に抑えた治療が実現します。治療が短時間で行えて回復も早いため、患者さんの身体の負担を軽減できます。

その4 安心の保証体制

人工歯根や上部構造(人工歯)には、万一に備えて保証をおつけしています。フィクスチャーに関しては5年保証、上部構造については、マウスピースなどの活用次第で保証内容が異なります。

※CTは近くのメディカルスキャニングで撮影していただいています。

他院で「インプラントはできない」と言われた方も一度ご相談ください

インプラント治療を行うにはさまざまな条件があるため、インプラント治療が行えないと診断される方もいらっしゃいます。しかし、方法によっては治療が可能な場合があります。当院では「PRGF」という再生療法を導入することで、より確実性の高い治療を行っています。

PRGFとは・・・

患者さんの血液を20ccほど採取し、その中から骨や軟組織を効率よく再生させるタンパク質を取り出します。これを手術に活用することで、より早い骨や軟組織の再生が可能になります。ご自身の血液から取り出すことから、拒絶反応や感染症もなく安全です。

こんな方は一度ご相談ください

  • 骨量が少ないため、インプラントができないと言われた方
  • 骨の再生や周辺組織の治りが早い治療をご希望の方
  • 歯周病で失った顎の骨を再生したい方

治療後はメインテナンスが重要です!

時間と費用をかけてせっかく入れたインプラントですから、長持ちさせたいものです。インプラントに使われるチタンはサビたり劣化したりといった心配はありませんが、インプラントを支える歯周組織が細菌などに冒されてしまう可能性があります。長期にわたって健康にインプラントを維持するためには、治療後のメインテナンスが大変重要なのです。

当院では、患者さんそれぞれの状況に合わせて、3~6ヶ月に一度のメインテナンスプランをご提案しています。インプラントでしっかり咬める生活を維持するためにも、ご自身の歯と同じように毎日のセルフケアを丁寧に行い、歯科医院での定期検診・プロケアを受けましょう。

インプラントの症例紹介

  • 歯の欠損部分にインプラントを埋入します。
  • 人工歯を装着したところ。治療したことがわからないほど、自然な見た目となっています。インプラントがしっかり埋入されていることがわかります。

院長 吉田からのメッセージ

PageTop